2017年5月28日(日) 大阪・豊中市ローズ文化ホール

【主催】HIGHSPEEDプロモーション
【共催】PLACE-K

【放送】J:COM関西11ch「格闘維新宣言!HIGHSPEED」
 6月22日(木) 21:00~21:53
 実況:乾真治(HIGHSPEEDプロモーション)/解説:池本誠知(第3代DEEPウェルター級王者)・
 
武田只之(PLACE-K)

※DXFCルール=MMA/HIGHSPEEDルール=肘無し・つかみ禁止のK-1ルール/キックボクシングルール=首相撲有り・肘有りの通常キックボクシング

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ダブルメインイベント2 DXFCバンタム級タイトルマッチ(MMA) 5分3R
○ハシャーン・フヒト(王者/NEX)
×じゅん(挑戦者/総合格闘技道場reliable)
2R 1'45" TKO(レフリーストップ:グラウンドパンチ) ※ハシャーン・フヒトが初防衛に成功

ダブルメインイベント1 第3代DXFCウェルター級王座決定戦(MMA) 5分3R
○グッドマン田中(GOODMAN GYM/初代DXFCウェルター級王者・パンクラスウェルター級7位)
×石川史俊(風吹BJJアカデミー)
2R 0'14" TKO(ドクターストップ:オーバーフックによるカット) ※グッドマン田中が第3代王者に

第9試合 HIGHSPEED 70kg級 3分3R
○田中STRIKE雄基(BFA-SEED)
×RYU・謙(レジェンド・ドラゴンジム)
1R 2'59" KO(3ダウン:ボディーブロー) ※オーバーフックで1ダウン、左ボディーで2ダウン

第8試合 HIGHSPEEDキックボクシングルール(肘なし) 63kg契約 3分3R
○大石智斗(無名塾関西本部/INNOVATIONスーパーライト級9位)
×土佐丸(シュートボクシング協会・摂津富田ジム)
判定3‐0(30-28/30-28/30-27)

第7試合 HIGHSPEED 70kg級 3分3R
×鹿津真二(888フィットネス)
○上園文也(ozmosis)
判定0-3(26-30/25-30/27-30) ※3R、鹿津に掴みとローブローで減点2

第6試合 HIGHSPEEDキックボクシングルール(肘なし) フェザー級 3分3R
○藤本倖綺(亀岡キックボクシングジム)
×柴田和也(大原道場)
判定2-1(30-28/30-29/28-30)

第5試合 HIGHSPEED 56kg契約 3分3R
×森下翔平(M-BLOWキックボクシングジム)
○酒部宏哉(Kick-Style)
判定0-3(28-30/28-29/27-30) ※2R、カウンターフックで森下ダウン1回

第4試合 HIGHSPEED 53kg契約 3分3R
○厳基(月心会・チーム侍)
×川上叶(シュートボクシング協会・龍生塾)
判定2-1(30-29/30-29/29-30)

第3試合 HIGHSPEED 55kg級 3分3R
×西園大和(PLACE-K)
○横野洋(アンカーキックボクシングジム)
1R 2'06" KO(右フックでダウン後、顔面への前蹴り)

第2試合 HIGHSPEEDキックボクシングルール フライ級(50.8kg) 3分3R
×則武知宏(テツジム)
○KING TSUBASA(ROYAL KINGS)
判定0-2(28-29/29-29/29-30)

第1試合 DXFCルール(MMA) バンタム級 5分2R
○増田拓真(総合格闘技道場reliable)
×上田裕起(チーム受太郎)
判定3-0(20-19/20-19/20-18)

プレリミナリーファイト3 HIGHSPEED 56kg契約 3分2R
○北川征樹(Kick-Style)
×北西拓実(Lai-Thai JPN)
1R 2'08" KO(パンチラッシュでダウン後、再びパンチ連打)

プレリミナリーファイト2 HIGHSPEED 56kg契約 3分2R
○TETSU(月心会・チーム侍)
×井上大地(MuayThai Fighter Club)
1R 0'52" KO(ハイキックでダウン後、頭部への膝蹴り) ※井上、計量オーバーで減点1

プレリミナリーファイト1 HIGHSPEED 70kg級 3分2R
×池内秀彰(M-BLOWキックボクシングジム)
○KING KOHEI(ROYAL KINGS)
判定0-3(17-20/17-20/18-20) ※1R、左フックで池内ダウン1回

  2017年4月2日(日)ガレリアかめおかコンベンションホール  
【主催】ファイティングフィットネス京都
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

第10試合 MUAYTHAIルール 72kg契約 3分5R
○TOMOYUKI(レジェンド・ドラゴンジム/初代Muay Thai Open&第3代NJKFスーパーウェルター級王者)71.8kg
×チューチャイ・ハーデスワークアウトジム(ハーデスワークアウトジム/初代HOOST CUP日本EXミドル級王者)71.6kg
判定2-1(49-48/49-50/50-48)

第9試合 MUAYTHAIルール フェザー級(57.15kg) 3分5R
×大揮(京都野口ジム/元NKBバンタム級3位)57.1kg
○モンコン・クルダナヌラック(MUAYTHAI FIGHTER CLUB)55.75kg
判定0-3(48-50/48-50/47-50)

第8試合 MUAYTHAIルール スーパーライト級(63.50kg) 3分5R
×田邊 裕哉(京都野口ジム/WMCウェルター級5位)62.55kg
○どん冷え貴哉(Dropout)63.35kg
判定0-3(48-50/47-50/46-50)

第7試合 MUAYTHAIルール フェザー級(57.15kg) 3分3R
×林 昌孝(京都野口ジム/WMCバンタム級1位)56.9kg
○藤本 倖綺(亀岡キックボクシングジム)56.7kg
判定0-3(29-30/29-30/28-30)

第6試合 MUAYTHAI特別ルール 70kg契約 3分3R
○RYU・謙(レジェンド・ドラゴンジム)69.55kg
×村木 太樹(和田会館)69.7kg
判定3-0(30-28/30-28/30-28)

第5試合 MUAYTHAIルール スーパーバンタム級(55.34kg) 3分3R
×松本 龍斗(京都野口ジム)55.1kg
○酒部 宏哉(kick-style)55.1kg
判定0-2(30-30/29-30/28-30)

第4試合 MUAYTHAI女子特別ルール 51kg契約 2分3R
△楓(LEGEND)50.6kg
△SASORI(テツジム)50.65kg
判定1-0(29-29/30-29/30-30)

第3試合 MUAYTHAIルール ミニフライ級(47.62kg) 3分3R
△野口 優心(京都野口ジム/元グリーンボーイSバンタム級王者)46.8kg
△石渡 悠真(エイワスポーツジム/BOM Jr.45kg級王者)45.8kg
判定1-1(30-29/29-30/30-30)

第2試合 HIGHSPEEDルール 65kg級 3分3R
×南野 健太(888フィットネス)64.5kg
○一揆(WIZARDキックボクシングジム)64.5kg
判定0-3(28-30/28-30/29-30)

第1試合 HIGHSPEEDルール 53kg契約 3分3R
△井田 邦晴(京賀塾)52.9kg
△小林 竜(BFA-SEED)53.0kg
判定0-0(30-30/30-30/29-29)

プレリミナリーマッチ3 HIGHSPEEDルール ヘビー級 3分2R
×河合 寿卓(烈士会館)
○岸本 勝利(亀岡キックボクシングジム)
1R 0’19” KO(パンチラッシュ)

プレリミナリーマッチ2 HIGHSPEEDルール 71kg契約 3分2R
○荒井 真人(SFKキックボクシングジム)70.45kg
×藤森 祐基(亀岡キックボクシングジム)70.2kg
判定3-0(20-17/20-17/20-18)※2R、右ストレートで藤森ダウン1回

プレリミナリーマッチ1 HIGHSPEEDルール 58kg契約 3分2R
×伊賀上 空(LEGEND)57.3kg
○船越 浩貴(GROUND CORE)56.5kg
判定0-2(19-19/20-19/20-19)

ICHIRIN CAFE presents 『HIGHSPEED2016 ~higher self~』

  2016年10月9日(日) 豊中市ローズ文化ホール  
【放送】ケーブルテレビ J:COM関西 【主催】HIGHSPEEDプロモーション/PLACE-K
【特別協賛】株式会社ICHIRIN 【特別後援】株式会社ジュピターテレコム
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

▼第10試合 HIGHSPEED-kickboxingウェルター級王座決定戦 3分5R
○ATSUKI(SFKキックボクシングジム)66.45kg
×曽根修平(武湧会/国際チャクリキ協会ウェルター級1位)66.45kg
判定3-0(49-48/49-47/49-47)

※ATSUKIが第2代HIGHSPEED-kickboxingウェルター級王者に

▼第9試合 HIGHSPEED 63.5kg契約 3分3R
○川崎真一朗(月心会)63.2kg
×佐藤智啓(フォースクワッド/2013 RISEライト級新人王)63.3kg
3R 0’24” KO(左フック)

▼第8試合 HIGHSPEED-kickboxingウェルター級 3分3R
○田邊裕哉(亀岡キックボクシングジム/ムエタイオープン日本ウェルター級5位)66.15kg
×野口大輔(テツジム/NKBウェルター級8位)66.35kg
判定3-0(30-29/29-28/30-28)

▼第7試合 DXFC(MMA)ルール バンタム級 5分2R
△角田成健(総合格闘技スタジオSTYLE)61.2kg
△梅井隆至(REAL STYLE)61.2kg
判定1-1(20-20/20-19/19-20)

▼第6試合 HIGHSPEED 70kg級 3分3R
○和島大海(月心会チーム侍)69.75kg
×小田 竜(Legend Dragon)69.9kg
1R 2’34” KO(左ストレート)
※和島の左ストレートで小田ダウン1回

▼第5試合 HIGHSPEEDガチスパー 2分2R
-武田只之(PLACE-K)
-田中STRIKE雄基(BFA SEED)

※1R、田中の右ストレートで武田ダウン1回。2R、田中のパンチラッシュで武田ダウン
※※スパーリングのため勝敗はなし


▼第4試合 HIGHSPEED 55kg級 3分3R
△林 勇汰(SFKキックボクシングジム)55.0kg
△谷口 健(spirit)54.7kg
判定1-0(30-29/29-29/29-29)

▼第3試合 HIGHSPEED 58kg契約 3分3R
×藤本倖綺(亀岡キックボクシングジム)57.8kg
○林 眞平(魁塾)57.95kg
判定0-2(28-29/29-29/28-29)

▼第2試合 HIGHSPEED 60kg級 3分3R
○弘輝(SFKキックボクシングジム)59.35kg
×瀧口硫井知(spirit)59.95kg
3R 2’00” KO(左ストレート)
※3R、弘輝の左ミドルで瀧口ダウン1回

▼第1試合 HIGHSPEED 55kg級 3分3R
×北西拓実(Lai Thai JPN)54.45kg
○酒部宏哉(kick-style)54.85kg
判定0-3(28-30/27-30/27-30)

▽プレリミナリー第2試合 HIGHSPEED-GATE 58kg契約 3分2R
○宮 正太郎(SFKキックボクシングジム)
×北川征樹(kick-style)
1R 2’48” KO(右ストレート)
※宮の右ストレートで北川ダウン1回

▽プレリミナリー第1試合 HIGHSPEED-GATE(U-18) 55kg級 3分2R
△厳基(月心会チーム侍)
△松本龍斗(京都野口ジム)
判定1-1(19-20/19-19/20-19)

  2016年5月22日(日) 豊中市ローズ文化ホール  
【中継】ケーブルテレビ J:COM関西 【主催】HIGHSPEEDプロモーション/PLACE-K
【特別協賛】株式会社ICHIRIN 【特別後援】株式会社ジュピターテレコム
――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

ダブルメインイベント HIGHSPEED kickboxing 初代ウェルター級王座決定戦 3分5R
○福田裕介(PLACE-K/元REBELS-MUAYTHAIウェルター級7位)66.5kg
×田邊裕哉(亀岡キックボクシングジム)65.9kg
判定3-0(49-48/50-49/50-49)

※福田が、初代HIGHSPEED kickboxingウェルター級王者に。
打ち合い上等の田邊に対し、福田が中盤にローを効かせてキャリアの違いを見せた。


ダブルメインイベント DEMOLITION 第2代DXFCバンタム級王座決定戦 5分3R
×角田成健(総合格闘技スタジオSTYLE)61.2kg
○ハシャーンフヒト(NEX/公武堂杯DEEPフューチャートーナメント優勝)61.0kg
判定0-3(29-30/28-30/29-30)

※ハシャーンが第2代DXFCバンタム級王者に。
良く似たタイプの一戦はグラウンド重視の展開に。執念に勝ったハシャーンが初成冠。


セミファイナル HIGHSPEED 59kg契約 3分3R
○深田一樹(龍生塾ファントム道場/SB日本フェザー級1位)58.9kg
×TAISUKE(SFKキックボクシングジム/MA日本Sフェザー級7位)58.85kg
2R 2’20” KO(左ハイ)

※1R、飛び膝でTAISUKEダウン1回。2R、左ストレートでTAISUKEダウン1回。
技巧派の深田が1Rに先制のダウンを奪い、そのままパワーのTAISUKEを完封。


第8試合 HIGHSPEED 63.5kg契約 3分3R
○川崎真一朗(月心会)63.1kg
×矢野浩司(OZMOSIS/元MA日本Sライト級5位)63.15kg
2R 1’10” KO(3ダウン)

※1R、右ストレートで矢野ダウン1回。2R、左フックとパンチラッシュで矢野ダウン2回。
川崎が空手仕込みの強いストレートを武器に、ことごとく矢野をダウンに追い込んだ。


第7試合 HIGHSPEED 58kg契約 3分3R
△龍矢(月心会・チーム侍/2015K-1甲子園55kg級準優勝)57.1kg
△谷岡祐樹(パラエストラ加古川)57.75kg
判定0-0(29-29/29-29/30-30)

結果こそ引分けだったものの、両者共に一歩も引かず今大会ベストバウトの内容だった。


第6試合 HIGHSPEED 55kg級 3分3R
○滉大(及川道場/2015 JAPANカップ55kg級準優勝)54.7kg
×谷口健(spirit)54.65kg
判定3-0(30-26/30-25/30-26)
 
※3R、ヒジ打ちで谷口減点1。左ハイで谷口ダウン1回。
回転の速さで安定感のある滉大が、3Rにダウンを奪ってフルマークの判定勝利。

第5試合 DEMOLITION バンタム級 5分2R
○梅井隆至(REAL STYLE)61.0kg
×木村ケンイチ(総合格闘技道場HARVEST)60.6kg
判定3-0(20-19/20-19/20-19)

ポジション取りを制した梅井に軍配が上がる。今後は説得力ある勝ち方に期待。

第4試合 HIGHSPEED 63kg契約 3分3R
○西岡蓮太(龍生塾/2014アマチュアSB全日本jr65kg級優勝)62.7kg
×文山祐輔(spirit)62.6kg
判定3-0(30-27/30-28/30-28)

常に西岡ペースで試合は進んだが、仕留めることができず判定決着となった。

第3試合 HIGHSPEED 61kg契約 3分3R
×和玉竜也(ムエタイファイタークラブ)60.6kg
○弘輝(SFKキックボクシングジム)60.85kg
3R 0’52” KO(パンチラッシュ)

※2R、左ストレートで和玉ダウン1回。
若さ溢れる弘輝が、得意とする左ストレートを爆発させた。

第2試合 HIGHSPEED 70kg級 3分3R
○和島大海(月心会・チーム侍/2015K-1チャレンジ全日本Aクラス70kg級優勝)69.6kg
×上園文也(OZMOSIS)69.45kg
1R 0’24” KO(左ストレート)

和島が強烈な左ミドルで後退させ、そのままラッシュで畳み込んだ。

第1試合 HIGHSPEED 55kg級 3分3R
×西園大和(PLACE-K)54.35kg
○林勇汰(SFKキックボクシングジム)54.8kg
2R 2’28” KO(パンチラッシュ)

※2R、右フックで西園ダウン1回。
パンチで攻め込む作戦が嵌まり、林がKO勝利。

プレリミナリーマッチ2 HIGHSPEED 65kg級 3分2R
△安藤綾人(龍生塾ファントム道場/2015アマチュアSB全日本70kg級優勝)64.95kg
△成川駿(パラエストラ加古川/第42回関西グローブ中量級優勝)64.4kg
判定0-1(19-19/19-20/19-19)


プレリミナリーマッチ1 HIGHSPEED 65kg級 3分2R
×竹本将(寝屋川ジム)64.6kg
○一揆(WIZARDキックボクシングジム)64.4kg
判定0-2(19-20/19-20/20-20)

ICHIRIN CAFE presents 『HIGHSPEED EX』

NOGUCHI presents 『MUAYTHAI HIGHSPEED』

ICHIRIN CAFE presents HIGHSPEED2017 ~STATUS~

2017年10月7日(土) 大阪・豊中市ローズ文化ホール

メインイベント 72kg契約 3分5R
○TOMOYUKI(レジェンドドラゴンジム/第3代NJKFスーパーウェルター級王者)71.38kg
×KAIFER Grand Thaiboxing Gym(タイ国/元WBCアジアウェルター級王者)69.69kg
4R 2'46" KO(左ボディー) 
※4R、左ボディーでKAIFERダウン1回。

 

ダブルセミファイナル 55kg契約 3分3R
○大揮(京都野口ジム/元NKBバンタム級3位)54.91kg
×KING剛(ROYAL KINGS/元J-NETWORKバンタム級6位)54.74kg
3R 1'41" TKO(ドクターストップ) ※肘によるカット。

 

ダブルセミファイナル Sフェザー級 3分3R
○高橋聖人(真門ジム/NKBフェザー級1位)58.91kg
×モンコンチャイ・パーダンジム(Muaythai Fighter Club)57.21kg
判定2-1(29-28/27-30/29-28)

第4試合 フェザー級 3分3R
○藤本倖綺(亀岡キックボクシングジム)57.01kg
×スーパーモンキー西田(ミツヤケイズホーリージム)57.0kg
判定3-0(30-27/30-26/30-26) 
※2R、膝で西田ダウン1回。

第3試合 フライ級 3分3R
○KING TSUBASA(ROYAL KINGS)49.0kg
×KYOTARO(888GYM)50.46kg
2R 1'34" KO(右フック) 
※1R、肘でTSUBASAダウン1回。2R、連打でKYOTAROダウン1回。

第2試合 バンタム級 3分3R
○松本龍斗(京都野口ジム)53.41kg
×横野洋(アンカーキックボクシングジム)53.28kg
判定3-0(29-28/29-28/30-28)

第1試合 58kg契約 3分3R
○梅井泰成(京都野口ジム/第2回HIGHSPEEDチャレンジCクラスMVP)57.95kg
×Faahsang(T・Y・T Muaythai Gym)57.81kg
3R 0'20" テクニカル判定3-0(30-27/30-26/30-26) 
※2R、左ハイでFaahsangダウン1回。3R、偶発のローブローでFaahsang続行不能。

プレリミナリーファイト3 72kg契約 3分2R
○藤森祐基(亀岡キックボクシングジム)70.1kg
×松下烈(ゼロ戦クラブ)71.95kg
判定2-1(20-18/19-20/20-19)

プレリミナリーファイト2 63kg契約 3分2R
○TAKUMI(チームブリード)61.2kg
×南野健太(888GYM)62.87kg
判定3-0(20-18/20-19/20-18)

プレリミナリーファイト1 62kg契約 3分2R
○福井佑弥(MFC/第3回HIGHSPEEDチャレンジ63kg級優勝)61.14kg
×HARUTO(RKS昇龍會)61.49kg
判定3-0(20-18/20-18/20-18)

 

HIGHSPEED 2DAYS 1st 出張バーベキュー湖人Presents MUAYTHAI HIGHSPEED

HIGHSPEED 2DAYS 2nd 八重洲産業(株)Presents
HIGHSPEED 2017 ~DIVINE~

2017年10月8日(日) 大阪・豊中市ローズ文化ホール


メインイベント HIGHSPEED kick-boxingウェルター級タイトルマッチ 3分5R
×ATSUKI(王者/SFKキックボクシングジム)
○森木一吉(RAOUジム/KOSウェルター級王者)
判定0-3 (47-50/48-50/48-49) 
※森木が新王者に。

セミファイナル 59kg契約 3分3R
×金剛 駿(kick-style)
○谷岡祐樹(パラエストラ加古川)
1R 2'49" KO(3ダウン:パンチ連打) 
※右ストレートで金剛ダウン1。パンチ連打で金剛ダウン2。

第7試合 53kg契約 3分3R
×一樹(フリー/DEEP kick 53kg級5位)
○前川清志(極真館高津道場)
判定0-3 (28-29/28-29/28-29) 
※3R、左ハイで一樹ダウン1回。

第6試合 56kg契約 3分3R
×酒部宏哉(kick-style)
○TETSU(月心会チーム侍/第2回HIGHSPEEDチャレンジAクラスMVP)
判定0-3 (27-30/28-29/27-29) 
※1R、右ハイで酒部ダウン1回。

第5試合 63kg契約 3分3R
○土佐丸(シュートボクシング協会・摂津富田ジム)
×足達慶輔(鴨川ジム)
3R 1'40" テクニカル判定3-0(30-28/30-29/30-29) 
※3R、バッティングによるカットで足達が続行不能。

第4試合 DXFCルール(MMA) バンタム級 5分2R
×占部タイガ(正道会館)
○瀧口脩生(総合格闘技スタジオSTYLE)
1R 3'00" TKO(ドクターストップ) 
※1R終了時、顎と眼底に骨折の疑い。

第3試合 65kg級 3分3R
×堀江陽介(究道会館)
○ダイナマイト・ユイト(G-FREE)
2R 2'40" KO(パンチ連打) 
※1R、左ボディーで堀江ダウン1回。2R、右フックで堀江ダウン1回。

第2試合 女子48kg契約 2分3R
○MARI(ナックルズGYM/J-GIRLSミニフライ級9位)
×花田麻衣(GROUND CORE/第3回HIGHSPEEDチャレンジ女子48kg級優勝)
判定2-0 (29-28/30-27/29-29)

第1試合 DXFCルール(MMA) フライ級 5分2R
○赤崎友治(創道塾)
×高島大樹(総合格闘技スタジオSTYLE)
判定3-0 (20-19/20-19/20-19)

プレリミナリーファイト3 58kg契約 2分2R
×伊賀上空(LEGEND)
○今村凌二(パラエストラ加古川)
2R 1'15" TKO(レフリーストップ)

プレリミナリーファイト2 DXFCルール(MMA) フェザー級 3分2R
×大谷一誠(修斗GYM神戸)
○羽鳥直輝(総合格闘技道場Reliable)
2R 0'15" KO(膝蹴り)

プレリミナリーファイト1 DXFCルール(MMA) フェザー級 3分2R
×岡野祐樹(和術慧舟會兵庫支部)
○中川皓貴(総合格闘技道場Reliable)
2R 0'59" タップアウト(腹固め)